次へ
前へ

制作メンバーについて

吉野町監修 文様割箸 一覧

市松文様

七宝文様

麻葉文様

亀甲文様

矢羽根文様

立湧文様

材質 吉野材(杉)

市松文様

必勝祈願(勝負の日に) 市松文様は、歌舞伎役者ゆかりの名前。神社の敷石の文様より願い事が叶うといわれています。

七宝文様

商売繁盛(開店のお祝いの日に) 七宝文様は、仏教で七種の金属・宝石類をあらわし、運尽くしの文様といわれています。

麻葉文様

子孫繁栄(子供の節句の日に) 麻葉文様は、麻の葉がまっすぐ丈夫に伸びることから、子どもの成長を願う文様といわれています。

亀甲文様

延命長寿(敬老の日、還暦の日に) 亀甲文様は、亀の長壽にあやかり、吉祥文として千五百年以上前から使われています。

矢羽根文様

良縁祈願(結婚式の日に) 矢羽根文様は、矢をまっすぐに飛ばすためにつけられた矢羽を意匠しており、まっすぐひたむきな想いを伝えるとされています。

桜散し文様

未来永劫(慶びごとの日に) 桜散し文様は、満開の桜をながめるワキの都人が天人に出会い、古の五節の舞を見る、という内容の能 吉野天人より、吉野山全山に咲き誇る桜を彷彿とさせる美しい作品をイメージした図柄です。儚い命を永遠にしたいという願いが意匠されています。